/

NYダウ小反発、10ドル高 経済正常化の期待で

(更新)

【NQNニューヨーク=張間正義】26日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小反発し、前日比10ドル59セント高の3万4323ドル05セントで終えた。米国で新型コロナウイルスワクチンの接種が進み、経済活動の正常化が進むとの見方から景気敏感株中心に買いが入った。ただ、ダウ平均は過去最高値近辺にあり、短期的な利益確定売りも出て上値は重かった。

米国では25日時点で18歳以上の半数に当たる1億2900万人が新型コロナワクチンの必要な回数の接種を完了した。バイデン米政権が掲げる7月4日の独立記念日までに国民生活を平常時に戻すとの目標に近づいているとの期待感が高まった。化学のダウや建機のキャタピラーなど景気敏感株が上げた。消費が活発化するとの見方から、娯楽・映画のウォルト・ディズニーとスポーツ用品のナイキも買われた。

米連邦準備理事会(FRB)のクオールズ副議長が26日、国債など資産購入の縮小(テーパリング)を巡り「労働市場の改善が望んでいたよりも遅い」と議論開始に慎重な見方を示した。雇用回復の鈍さを懸念するFRBが、緩和的な金融政策を長引かせるとの観測も株式相場を下支えした。

ただ、相場の上値は重かった。高値警戒感から利益確定売りが出たうえ、ドラッグストアのウォルグリーン・ブーツ・アライアンスが4%安となってダウ平均の重荷となった。ネット通販のアマゾン・ドット・コムが薬局の実店舗展開を検討していると伝わり、競争激化が懸念された。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数も反発し、前日比80.822ポイント高の1万3737.996で終えた。電気自動車のテスラが2%上昇した。マイクロン・テクノロジーやアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)など半導体関連株も買われた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン