/

NYダウ続伸518ドル高 FOMC後に乱高下

(更新)

【NQNニューヨーク=張間正義】16日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比518ドル76セント(1.5%)高の3万4063ドル10セントで終えた。ウクライナとロシアの停戦交渉や中国政府による景気刺激策への期待が強まり、景気敏感株を中心に買いが優勢だった。午後2時に米連邦準備理事会(FRB)が米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を発表すると、利上げ加速を警戒した売りでダウ平均は下げに転じる場面もあり、相場は乱高下した。

ウクライナのゼレンスキー大統領が16日のビデオ演説で、ロシアとの停戦に向けた対話について「交渉に現実味が出てきた」と述べた。中国政府が景気対策や米中の企業会計監査を巡る対立の解決に向けて動いていると中国の新華社通信が16日報じた。投資家の不安心理がやや和らぎ、ダウ平均は午前中に前日比531ドル高まで上げる場面があった。

FRBは16日のFOMCで政策金利の誘導目標を0.25ポイント引き上げ、0.25~0.5%とした。利上げは2018年12月以来。四半期に1回公表する委員らの政策金利見通しでは、年内の利上げ回数は今回を含め7回と前回12月会合の3回から大幅に増やした。23年にも4回(厳密には3.5回)の利上げを実施し、最終的な政策金利は2.75%に高まるとの予想を示した。

一方、景気を冷やしもふかしもしない中立金利に当たる長期均衡金利は従来の2.5%から2.4%に引き下げた。23年中に中立金利を上回る水準まで政策金利を引き上げ、景気をある程度犠牲にしてでもインフレを抑える方針を示した。結果公表後に売りが膨らみ、ダウ平均は153ドル安となる場面があった。

売り一巡後は再び買いが優勢となった。FRBは9兆ドル規模に膨らんだバランスシートの縮小方法の詳細については発表しなかった。市場の一部では削減額など詳細が発表されるとの観測もあったため、発表がなかったことで持ち高調整の買いも入ったようだ。

アナリストが強気な評価をした航空機のボーイングが5%上昇した。中国売上高比率が高いスポーツ用品のナイキも上げが目立った。米長期金利の上昇を受け利ざやの改善期待からJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスなどの金融株も買われた。スマートフォンのアップルや顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムなどハイテク株も高い。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、前日比487.932ポイント(3.8%)高の1万3436.553で終えた。上昇幅、上昇率とも今年最大。ネット通販のアマゾン・ドット・コムと電気自動車のテスラが上昇した。エヌビディアなど半導体関連株への買いも目立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン