/

NYダウ5日連続の最高値 110ドル高、小売り決算に期待

(更新)

【NQNニューヨーク=横内理恵】16日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続伸し、前週末比110ドル02セント(0.3%)高の3万5625ドル40セントで終えた。中国の景気減速懸念やアフガニスタンでの地政学リスクの高まりから売りが先行した。ただ、値ごろ感などからヘルスケア関連株が物色されたほか、今週に相次ぐ小売りの決算発表に期待した買いも入り、ダウ平均は午後に上げに転じた。この日の高値圏で取引を終えた。

16日発表の7月の中国の工業生産高と小売売上高が市場予想に届かなかった。新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の感染拡大が続き、世界景気の回復が鈍るとの懸念を招いた。ニューヨーク連銀が発表した8月の製造業景況指数が市場予想以上に低下したことも重なり、米長期金利が低下して市場心理を冷やした。

アフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが首都カブールを掌握し、同地域の地政学リスクが高まるとの見方も相場の重荷だった。原油相場が下げ、石油株や素材株への売りを誘った。ダウ平均は朝方に280ドル超下げる場面があった。

ただ、売り一巡後は下げ渋り、午後に上げに転じた。7月下旬以降、景気敏感株に比べ値動きがさえなかったヘルスケア株が買い直された。医療保険のユナイテッドヘルス・グループ、製薬のメルク、バイオ薬のアムジェンがダウ平均構成銘柄の上昇率1~3位を占めた。今週に決算発表を予定する小売りのウォルマートとホームセンターのホーム・デポが買われ、ダウ平均を支えた。スマートフォンのアップルとソフトウエアのマイクロソフトも高い。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は5日続伸した。前週末比11.71ポイント(0.3%)高の4479.71で終え、連日で過去最高値を更新した。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落し、前週末比29.136ポイント(0.2%)安の1万4793.762で終えた。電気自動車(EV)のテスラが4%超下げた。米運輸省が16日に同社の運転支援システムの安全性を正式に調査すると発表し、リコール(回収・無料修理)の可能性が懸念された。アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)やエヌビディアなど半導体株の一角も売られた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン