/

NYダウ続伸164ドル高 経済正常化期待で連日の最高値

(更新)

【NQNニューヨーク=横内理恵】16日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比164ドル68セント(0.5%)高の3万4200ドル67セントで終えた。連日で過去最高値を更新した。新型コロナウイルスワクチンの普及で米経済の正常化に弾みが付くとの期待から、経済再開の恩恵を受ける銘柄が買われた。市場予想を上回る主要企業の決算が続いていることも好感された。

米国ではコロナワクチンの1日当たりの接種が300万人を超える日が続いている。ワクチンを1回でも接種した人口は米全体の4割近くになり、複数の州で5割に近づいたと伝わった。

16日発表の3月の米住宅着工件数が前月比19.4%増の173万9000戸(年率換算)と市場予想を大幅に上回り、2006年以来の水準となった。4月の米消費者態度指数(速報値)は20年3月以来の高さだった。今週は市場予想を上回る経済指標が相次ぎ、米景気回復期待が強まった。中国の21年1~3月の実質国内総生産(GDP)が前年同期比18.3%増と高い伸びとなったのも買いを誘った。

米連邦準備理事会(FRB)のウォラー理事が16日のCNBCのインタビューで今年の米経済に楽観を示した一方、早期の金融緩和縮小には慎重な姿勢を示した。金融緩和の長期化観測が広がり、株の買い安心感につながっている。

企業のIT(情報技術)投資拡大を見込み、アナリストが投資判断を引き上げたネットワーク機器のシスコシステムズが高い。消費拡大の恩恵を受けるとしてホームセンターのホーム・デポも買われた。今週は低下基調にあった長期金利が上昇し、金融のゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースも高い。

一方、航空機のボーイングが下げた。小型機「737MAX」の電気系統の不具合で前週に航空会社16社に運航見合わせを通達した件で、当初の想定より問題が深刻になる可能性があると報じられた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、前日比13.579ポイント(0.1%)高の1万4052.342で終えた。過去最高値(1万4095.473)を付けた2月12日以来の高値で終えた。ソフトウエアのマイクロソフトが上場来高値を付け、ネット通販のアマゾン・ドット・コムも上げた。

一方、米長期金利低下を受けて前日に買われたスマートフォンのアップルは下げて終えた。前日に上げが目立った半導体関連も売られた。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は続伸し、前日比15.05ポイント(0.4%)高の4185.47と連日で最高値を更新した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン