/

NYダウ続伸102ドル高 債務上限問題の懸念和らぐ

(更新)

【NQNニューヨーク=川上純平】6日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比102ドル32セント(0.3%)高の3万4416ドル99セントで終えた。野党の共和党上院が連邦政府の債務上限の一時停止を提案したと伝わり、投資家心理が改善した。このところ市場の懸念材料だった原油高が一服し、インフレ加速への警戒感が薄れたことも株式相場を支えた。

ダウ平均は下落して始まり、午前中には下げ幅が一時450ドルを超えた。ただ、午後1時台に急速に下げ渋り、その後上げに転じた。共和党上院トップのマコネル院内総務が債務上限を一時的に停止し、12月までの支出をカバーできる範囲内で債務拡大を認めることを提案したと午後に伝わった。米国債の債務不履行(デフォルト)が回避されるとの見方につながり、株買いを誘った。

原油相場の下落も株買いを後押しした。米原油先物は6日未明に1バレル79ドル台後半まで上昇したが、日中は短期的な利益確定売りに押された。週間の在庫統計で米国の原油在庫の増加が明らかになると76ドル台まで下げ、株式市場でも過度なインフレ懸念が和らいだ。

朝方発表された9月のADP全米雇用リポートで非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)は前月比56万8000人増と市場予想(42万5000人増)を上回った。ただ、市場ではインフレや供給網の混乱など「多くの景気リスクが残っている」(IGのジョシュ・マホニー氏)との見方が多く、同指標を買い材料視する動きは限られた。

米長期金利は1.5%台前半と前日終値並みの水準で推移し、上昇基調がひとまず収まった。長期金利が上昇すると売られやすい主力ハイテク株に押し目買いを入れる動きが出た。ソフトウエアのマイクロソフトや顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムの上げが目立った。日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、飲料のコカ・コーラなどディフェンシブ株も買われ、ダウ平均を支えた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数も続伸し、前日比68.081ポイント(0.5%)高の1万4501.911で終えた。GAFAM(アルファベット、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、マイクロソフト)は軒並み上昇。動画配信のネットフリックスと半導体のエヌビディアも高い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン