/

NYダウ続落、94ドル安 FOMC結果発表控えて様子見

(更新)

【NQNニューヨーク=岩本貴子】15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落した。前日比94ドル42セント(0.3%)安の3万4299ドル33セントで終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を16日に控え、様子見ムードが強まった。相場は過去最高値圏で推移してきたため、持ち高調整の売りがやや優勢だった。

FOMCに関しては、テーパリング(資産購入の縮小)についてパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長がどのように触れるか関心が高い。同時に示す政策金利見通しで、2023年の利上げ開始が示されるとの観測もある。

前日に堅調だったハイテク株は売りが優勢だった。顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムが売られ、スマートフォンのアップルも軟調だった。

米商務省が15日朝方に発表した5月の小売売上高は前月比1.3%減と市場予想(0.6%減)以上に減った。ホームセンターのホーム・デポやスポーツ用品のナイキなど消費関連株の一角が下げた。14日に2021年12月期通期の純金利収入見通しを引き下げた金融のJPモルガン・チェースは続落した。

もっとも、FOMCを控えて売りの勢いは限られた。原油高を受けて石油のシェブロンが2%高となるなどエネルギー株が買われ、相場を下支えした。

前日に1カ月半ぶりに過去最高値を更新したハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反落した。前日比101.286ポイント(0.7%安)の1万4072.857で終えた。主力のハイテク株が軟調だった。半導体株も総じて売られた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン