/

NYダウ続伸97ドル高で最高値 エネルギー・素材株に買い

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比97ドル31セント(0.3%)高の3万4230ドル34セントで終えた。2週間半ぶりに過去最高値を更新した。商品相場の上昇を受け、エネルギーや素材、資本財関連の景気敏感株を中心に買いが優勢になった。米景気の回復観測の高まりも株高を支えた。

5日にロンドンの銅3カ月先物は10年3カ月ぶり、アルミニウム3カ月先物は3年ぶりの高値を付けた。米原油先物は小幅安で終えたが、2カ月ぶりの高値を付ける場面があった。商品市況が一段と強含み、石油のシェブロンや化学のダウ、鉱山機械を手掛ける建機のキャタピラーの上げが目立った。

米サプライマネジメント協会(ISM)が5日発表した4月の非製造業景況感指数は62.7と過去最高だった前月から1.0ポイント低下したが、好不況の境目である50を大きく上回った。市場予想を下回ったため発表直後はダウ平均は下げに転じたが「米景気の力強い回復基調に変わりはない」(インバーネス・カウンセルのティモシー・グリスキー氏)との受け止めが次第に広がった。

経済活動の正常化を見込み、金融や消費関連株が高い。金融のゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェース、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスが買われた。前日に売りが目立ったスマートフォンのアップルは買い直され、小幅高で終えた。

ダウ平均の構成銘柄以外では自動車のゼネラル・モーターズ(GM)が4%高と上昇が目立った。5日発表した1~3月期決算で、半導体不足が懸念される中で通期見通しを据え置いたのが好感された。

景気敏感株が買われる一方、ハイテク株はやや売り優勢だった。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4日続落し、前日比51.078ポイント(0.4%)安の1万3582.425で終えた。ネット通販のアマゾン・ドット・コムや動画配信のネットフリックスの下げが目立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン