/

NYダウ7日続伸、174ドル高 連日で最高値更新

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は7日続伸し、前週末比174ドル82セント(0.5%)高の3万2953ドル46セントと4日連続で過去最高値を更新した。7日続伸は昨年8月上旬以来の連続上昇記録。前週に米政府の追加経済対策が成立し、景気回復が勢いづくとみた買いが消費関連株を中心に入った。

1.9兆ドル規模の経済対策に盛り込まれた1人最大1400ドルの現金給付の手続きが始まったと伝わった。今週から対象者の手元に届き、個人消費を押し上げる見込みだ。15日朝にニューヨーク連銀が発表した3月の製造業景況指数が市場予想を上回って前月から改善したのも、米景気の回復観測を強めた。

投資家心理も改善している。市場心理を測る指標となる米株の変動性指数(VIX)は一時20を下回った。終値は3%低下の20.03と2月12日以来の低水準だった。

個別ではスポーツ用品のナイキが3%高、ホームセンターのホーム・デポが2%高と消費関連銘柄の一角が買われた。スマートフォンのアップルは2%強上昇した。ワクチン接種事業への収益期待から、ドラッグストアのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスも高い。ダウ平均の構成銘柄以外では、アメリカン航空グループなど空運株を含む旅行・レジャー関連株への買いが目立った。

ただ、ダウ平均は上値が重くなり、下げに転じる場面もあった。連日で過去最高値を更新し、過熱感から利益確定売りが出やすい。上昇が目立っていた化学のダウは2%安、航空機のボーイングも下げた。米原油先物相場が下落し、石油のシェブロンも安い。

ドイツやフランスなどが15日、英製薬アストラゼネカが開発した新型コロナワクチンについて接種を一時見合わせると発表した。血栓などの副作用の疑いがあるためといい、ワクチン普及への影響が懸念されたようだ。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は反発し、前週末比139.843ポイント(1.0%)高の1万3459.708で終えた。エヌビディアなど半導体関連の上昇が目立った。交流サイトのフェイスブックと電気自動車のテスラは2%高。米長期金利が1.6%台前半と前週末終値と横ばい圏で推移し、長期金利上昇の懸念はやや薄れたのもハイテク株買いを支えた。

多くの機関投資家が運用の参考とするS&P500種株価指数は5日続伸し、前週末比25.60ポイント(0.6%)高の3968.94と、3日連続で過去最高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン