/

NYダウ反落、12ドル安 長期金利上昇が重荷

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に反落し、前週末比12ドル86セント安の3万6087ドル45セントで終えた。米長期金利が上昇し、高PER(株価収益率)銘柄のハイテク株の一角に相対的な割高感を意識した売りが出た。16日に10月の米小売売上高や米小売り大手の決算発表を控え、様子見ムードも強かった。

ダウ平均は買い先行後に伸び悩み、午後は前週末終値を挟んでもみ合う場面が多かった。米長期金利が1.63%近辺と前週末終値(1.56%)から上昇した。ハイテク株の売りを誘い、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムとソフトウエアのマイクロソフトが安い。ユナイテッドヘルス・グループや製薬のアムジェンなどヘルスケア銘柄の下げも目立った。

16日に決算を発表する小売りのウォルマートやホームセンターのホーム・デポも下落した。市場では「高インフレが消費者心理に与える影響が警戒されており、16日の10月の米小売売上高や、主要小売企業が決算発表で示す業績予想を見極めたい投資家が多い」(ミラー・タバックのマシュー・マリー氏)との指摘があった。

もっとも、ダウ平均の下値は堅かった。ドバイの航空見本市で貨物機を相次いで受注したと発表したボーイングが5%上昇し、1銘柄でダウ平均を約80ドル押し上げた。アナリストが投資判断を引き上げた石油のシェブロンは2%高で終えた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに小反落し、前週末比7.112ポイント安の1万5853.846で終えた。電気自動車のテスラや半導体のエヌビディアの下げが目立った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン