/

NYダウ続伸、33ドル高 売り先行も金融・消費株に買い

(更新)

【NQNニューヨーク=岩本貴子】24日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に3日続伸した。前日比33ドル18セント(0.1%)高の3万4798ドル00セントで終えた。ダウ平均は前日までの2日間で800ドル超上昇しており、短期的な過熱感を意識した売りが先行した。売り一巡後は、22日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の通過まで様子見姿勢を強めていた投資家から金融や消費関連株に買いが入った。顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムが上昇したことも、ダウ平均を押し上げた。

業績期待の高いセールスフォースが連日で過去1年(52週)の高値を更新した。底堅い個人消費が続くとの見方からクレジットカードのビザとアメリカン・エキスプレスが上昇した。長期金利の上昇を受け、利ざや改善の思惑から金融のJPモルガン・チェースも買われた。製薬のメルクや外食のマクドナルドなどディフェンシブ株の一角も堅調だった。

原油先物相場の上昇を受け、シェブロンなど石油株も買われた。ダウ平均構成銘柄以外では、運航再開が順調に進んでいるとみられているカーニバルなどクルーズ船株の上昇が目立った。

ダウ平均は上値が重くなる場面があった。スポーツ用品のナイキが6%安となったことが響いた。ナイキは23日夕に発表した2021年6~8月期決算で売上高が市場予想を下回った。世界的なサプライチェーン(供給網)の混乱で年末商戦に向けた商品の生産や販売に支障が出るとの見通しも示し、22年5月期通期の売上高見通しを引き下げたことで売りが膨らんだ。

中国人民銀行(中央銀行)による仮想通貨の決済や取引情報の提供など関連サービスの全面禁止を受けてビットコイン相場が下落したことも投資家の警戒につながった。中国の不動産大手、中国恒大集団を巡り、23日の期日までにドル建て債の利払いを予定通りできなかったと伝わったことも懸念材料となった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4日ぶりに小幅に反落した。前日比4.545ポイント安の1万5047.699で終えた。半導体のエヌビディアが下げた。バイオ製薬のモデルナも安い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン