/

NYダウ続伸30ドル高 ワクチン普及に期待

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】24日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比30ドル55セント(0.1%)高の3万5366ドル26セントで終えた。新型コロナウイルスのワクチン普及で経済再開が進むと期待され、景気敏感株を中心に買いが優勢となった。もっとも、米連邦準備理事会(FRB)による金融政策を見極めたいとのムードも強く、取引終了にかけて伸び悩んだ。

米当局が23日に米製薬ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナワクチンを正式承認した。「ワクチン接種率が高まり、今秋から登校や出社などが順調に進み、米景気回復を支える」(ナショナル・セキュリティーズのアート・ホーガン氏)との見方が広がった。

景気敏感株では化学のダウや建機のキャタピラーの上げが目立った。原油先物相場が上昇し、石油のシェブロンも高い。米長期金利が上昇し、利ざや拡大観測からゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなど金融銘柄が買われた。

27日開催の金融政策を討議するジャクソンホール会議で、パウエルFRB議長の講演が予定されている。テーパリング(量的緩和の縮小)についての言及に関心が高まっており、積極的に上値を追う動きは限られた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸し、前日比77.148ポイント(0.5%)高の1万5019.800と連日で過去最高値を更新した。1万5000台に乗せるのは初めて。ネット通販のアマゾン・ドット・コムやグーグルの親会社アルファベットなど主力株の一角が上昇した。

前日夕に市場予想を上回る2021年5~7月期決算を発表したセキュリティー対策ソフト開発のパロアルト・ネットワークスが急伸。主要ハイテク株で構成するナスダック100指数への採用が発表されたクラウドストライク・ホールディングスが大幅高となり、情報セキュリティー銘柄が上昇した。

多くの機関投資家が運用の参考とするS&P500種株価指数は4日続伸し、前日比6.70ポイント(0.1%)高の4486.23と過去最高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン