/

NYダウ反発、322ドル高 インフラ投資への期待で

(更新)

【NQNニューヨーク=横内理恵】24日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比322ドル58セント(1.0%)高の3万4196ドル82セントで終えた。バイデン大統領が上院の超党派議員グループとインフラ投資法案で合意したと表明し、インフラ支出拡大への期待が強まった。22日のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言以降、米利上げ前倒しへの懸念が薄れたことも買い安心感につながった。

機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数が寄り付き直後に最高値を上回ると、投資家心理が強気に傾いた。S&P500種は前日比24.65ポイント(0.6%)高の4266.49で終え、過去最高値を更新した。

バイデン大統領が午後、超党派議員が提示した1兆ドルのインフラ投資計画で合意したと表明した。米政権が掲げる2兆ドル規模の投資計画の一部を切り出す形で道路や橋、空港などの整備に充てる。建設投資拡大の恩恵を受ける建機のキャタピラーが一段高となった。

朝方発表の週間の米新規失業保険申請件数が41万1000件と市場予想(38万件)を上回った。6月上旬を境に減少傾向が止まっており、雇用回復の鈍さからFRBが緩和縮小を慎重に進めるとの見方も意識された。

ダウ平均は一時360ドル近く上げた。取引終了後に公表されるFRBのストレステスト(健全性検査)の結果を受けて金融大手が株主還元の強化を発表するとの期待から、ゴールドマン・サックスなどの金融が買われた。ダウ平均の構成銘柄では航空機のボーイングの上げも目立った。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸し、前日比97.976ポイント(0.7%)高の1万4369.709と連日で最高値を更新した。ソフトウエアのマイクロソフトや交流サイト(SNS)のフェイスブック、画像処理半導体(GPU)のエヌビディアなどが上場来高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン