/

NYダウ反発、179ドル高 長期金利低下で最高値に迫る

(更新)

【NQNニューヨーク=岩本貴子】4日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発した。前日比179ドル35セント(0.5%)高の3万4756ドル39セントで終えた。4日発表の5月の米雇用統計で雇用者数の増加ペースが加速したが、市場予想は下回った。米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和の縮小を急ぐほどではないとみなされ、米長期金利が低下。金利低下で相対的な割高感が薄れたハイテクなど高PER(株価収益率)株が買われた。ダウ平均は5月7日に付けた過去最高値(3万4777ドル)に迫った。

雇用統計では非農業部門雇用者数は前月比55万9000人増えた。増加幅は4月(27万8000人増)から拡大したが、市場予想(67万1000人増)は下回った。発表を受けて量的緩和の縮小観測が後退し、米長期金利は一時前日比0.07%低い1.55%をつけた。金利低下時に買われやすいハイテク株が上げ、ソフトウエアのマイクロソフトやスマートフォンのアップル、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムが買われた。

もっとも、雇用の拡大基調が続いていることは確認され、雇用統計は景気回復期待を補強する内容だった。工業製品・事務用品のスリーエムやクレジットカードのビザなど景気敏感株の一角も買われ、ダウ平均の上昇を支えた。原油高を受け、石油のシェブロンも高い。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は反発した。前日比199.982ポイント(1.5%)高の1万3814.489で終えた。主力ハイテク株は軒並み上昇したほか、電気自動車のテスラは5%高となった。エヌビディアなど半導体銘柄も全面高だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン