/

NYダウ続伸、19ドル高 景気敏感株に買い

(更新)

【NQNニューヨーク=岩本貴子】4日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸した。前日比19ドル80セント(0.1%)高の3万4133ドル03セントで終えた。ハイテク株への売りで前日終値を下回って推移する場面が目立った。ただ、新型コロナウイルスに対するワクチンの接種が進み、米経済の正常化が加速するとの見方が根強い。取引時間終了にかけて景気敏感株への買いが強まり、上げに転じた。

米メディアは4日、「バイデン米大統領は7月4日までに米国の成人の70%が最低1回は新型コロナウイルスのワクチンの接種を受けることを新たな目標とする」と伝えた。米国や欧州ではワクチンの普及を受けて新型コロナの感染を防ぐための経済活動の制限が緩和されつつある。経済活動の正常化が進み景気拡大につながるとの見方は根強い。化学のダウや建機のキャタピラーなど景気敏感株の一角が買われた。原油先物相場の上昇を受け、石油のシェブロンも高い。

通信のベライゾン・コミュニケーションズ、医薬品・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)も買われ、相場を支えた。

売りが先行し、ダウ平均の下げ幅は一時300ドルを超えた。イエレン米財務長官がインタビューで政府の財政支出の拡大に伴い「米経済が過熱しないように確実を期するため、金利はほんの少し上昇せざるを得ないかもしれない」と述べた。足元では堅調な米景気を示す経済指標の発表が相次いでおり、FRBによる量的緩和の縮小の時期や利上げ時期についての議論が早まる可能性が意識された。金利の上昇で相対的な割高感が意識されやすいハイテク株が売られ、スマートフォンのアップルや顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムが下げた。

ダウ平均の構成銘柄以外では、電気自動車のテスラやインターネット通販のアマゾン・ドット・コムが売られた。決済サービスのペイパル・ホールディングスも大幅安となった。

米株市場で市場心理を測る指標となる変動性指数(VIX)は一時21台まで上昇し、不安心理が高まった状態とされる20を上回った。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日続落した。前日比261.615ポイント(1.9%)安の1万3633.503で終えた。主力ハイテク株に加え、半導体関連銘柄の下げが目立った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン