/

NYダウ反発、344ドル高 決算期待で心理改善

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】13日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前日比344ドル23セント(1.0%)高の3万4564ドル59セントで終えた。ダウ平均は前日に1カ月ぶりの安値で終えており、短期的な自律反発を見込む買いが入った。13日から本格化する米主要企業の2022年1~3月期決算への期待も浮上し、相場を押し上げた。

足元で下落が目立っていた景気敏感株の一角が買い直された。航空機のボーイングが4%上昇し、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスと機械のハネウェル・インターナショナルも高い。スポーツ用品のナイキや小売りのウォルマートなど消費関連株も上げた。米長期金利の低下で割高感が意識されていた高PER(株価収益率)のハイテク株も買われ、ソフトウエアのマイクロソフトとスマートフォンのアップルはそれぞれ2%上昇した。

空運のデルタ航空は13日、旅客需要の増加から4~6月期の業績回復の見通しを示した。デルタ航空は上昇し、投資家心理の改善に伴う買いが他の旅行・レジャー関連銘柄に波及した。アメリカン航空グループやクルーズ船のカーニバルが大幅に上昇した。「四半期決算を見極めたいとして、これまで積み上げてきた売り持ち高を解消する動きにつながった」(ナショナル・セキュリティーズのアート・ホーガン氏)との声も聞かれた。

一方、13日発表の四半期決算が大幅減益だった銀行のJPモルガン・チェースは下落した。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反発し、前日比272.015ポイント(2.0%)高の1万3643.587で終えた。ネット通販のアマゾン・ドット・コムや電気自動車のテスラなど主力ハイテク株が総じて上げた。エヌビディアなど半導体株も買われた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン