/

NYダウ、年明け初日に最高値 景気回復の持続に期待

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前週末比246ドル76セント(0.7%)高の3万6585ドル06セントと過去最高値を更新した。米景気の回復基調が続くとの期待が買いにつながった。年初で年金基金などの新規資金の流入を期待した買いも入った。景気敏感株が上昇したほか、ハイテク株の一角も買われた。

新型コロナウイルスの感染拡大への懸念は続くが、米市場では「ワクチン普及もあって行動制限が長期化する公算は小さく、米景気期待から投資家のリスク選好姿勢が年明けも続いた」(ナショナル・セキュリティーズのアート・ホーガン氏)との指摘があった。

アップルが一時3%上昇し、初めて時価総額3兆ドルを突破した。半導体のインテルも大幅に上げた。米長期金利が1.64%と昨年11月下旬以来の水準に上昇し、利ざや拡大の思惑から金融のゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースが買われた。景気敏感株では航空機のボーイングとクレジットカードのアメリカン・エキスプレスも高い。原油先物の上昇を受け、石油のシェブロンも上げた。

一方、昨年末にかけて上昇基調にあったホームセンターのホーム・デポなど消費関連の一角や、日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)などディフェンシブ株には利益確定の売りが出た。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反発し、前週末比187.828ポイント(1.2%)高の1万5832.799で終えた。昨年10~12月期の販売台数が市場予想を上回った電気自動車のテスラが14%上昇した。エヌビディアなど半導体銘柄が総じて上げた。

多くの機関投資家が運用の参考指標とするS&P500種株価指数は3営業日ぶりに反発し、前週末比30.38(0.6%)高の4796.56と過去最高値を更新した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン