/

NYダウ反落、74ドル安 雇用統計が予想下回る

(更新)

【NQNニューヨーク=岩本貴子】3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落した。前日比74ドル73セント(0.2%)安の3万5369ドル9セントで終えた。3日発表の8月の米雇用統計で雇用者数の伸びが市場予想を大幅に下回った。米国の景気回復が鈍化するとの懸念が強まり、景気敏感株の一角が売られた。

雇用統計では非農業部門の雇用者数が前月比23万5000人増となった。市場予想は72万人増だった。飲食や宿泊などサービス業で伸びが鈍化した。新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の感染拡大が影響したとみられる。「(労働市場の)改善は続いているものの、6月や7月に比べるとペースは大きく鈍化した」(TD証券)と受け止められた。

米サプライマネジメント協会(ISM)が3日発表した8月の非製造業(サービス業)景況感指数も61.7と、過去最高だった7月から低下した。サービス業の拡大ペースの鈍化が意識された。

米景気の回復鈍化への懸念から、業績が景気の影響を受けやすい景気敏感株の一角が軟調だった。クレジットカードのアメリカン・エキスプレスや航空機のボーイングが下げた。化学のダウや建機のキャタピラーも安い。ダウ平均構成銘柄以外ではクルーズ船の株価の下げが目立った。

米景気の持ち直しが緩やかになるとの見方は、米連邦準備理事会(FRB)のテーパリング(量的金融緩和の縮小)の開始決定に時間がかかるとの観測にもつながった。顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムが上げた。小売りのウォルマートやホームセンターのホーム・デポも堅調だった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は小幅に3日続伸した。前日比32.339ポイント(0.2%)高の1万5363.516で終え、過去最高値を更新した。インターネット通販のアマゾン・ドット・コムなど主力ハイテク株が堅調だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン