/

NYダウ続伸、215ドル高 ワクチン正式承認を好感

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】23日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前週末比215ドル63セント(0.6%)高の3万5335ドル71セントで終えた。前週まで新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の拡大懸念で売られた景気敏感株が買い直された。ハイテク株も幅広く買われ、ナスダック総合株価指数は約2週間ぶりに過去最高値を更新した。

米食品医薬品局(FDA)は23日、米製薬のファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンを正式承認した。米疾病対策センター(CDC)によると、22日時点でワクチン接種を完了した人の割合は52%にとどまる。正式承認により未接種者の不安が軽減され、接種率が高まるとの観測を誘った。企業や学校などでワクチン接種を進めやすくなるとの期待も投資家心理の改善につながった。

景気敏感株では航空機のボーイングが3%高となった。半導体のインテルや建機のキャタピラー、化学のダウへの買いも目立った。米原油先物相場が大幅に反発し、石油のシェブロンも高い。ダウ平均の構成銘柄以外では、ワクチン普及の恩恵を受けやすいクルーズ船株や空運株など旅行・レジャー関連株が軒並み買われた。

朝方は小幅に上昇した米長期金利が次第に前週末終値(1.25%)付近に低下した。長期金利が低下すると相対的な割高感が薄れるハイテク株が買われやすくなり、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムは2%、スマートフォンのアップルは1%上昇した。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、前週末比227.989ポイント(1.5%)高の1万4942.652で終えた。過去最高値更新は5日以来。ネット通販のアマゾン・ドット・コムと検索サイトのアルファベットが2%高、交流サイトのフェイスブックも買われた。エヌビディアが5%高、アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)が4%高と、半導体関連株への買いが目立った。電気自動車のテスラも4%近く上昇した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン