/

NYダウ3日ぶり反発278ドル高 景気敏感株に買い

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前日比278ドル24セント(0.8%)高の3万5116ドル40セントで終えた。米長期金利の低下を受けて景気減速への警戒感が高まり、朝方は売りが先行した。米長期金利が下げ止まると、資本財や金融など景気敏感株を中心に買い優勢に転じた。

取引終了にかけて買いが勢いづき、ダウ平均は7月26日に付けた過去最高値に23ドルあまりに迫る場面があった。

長期金利は朝方に一時前日比0.03%低い1.15%を付けた。新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の感染が広がっており、世界景気の回復が鈍化しかねないとの見方が債券買いにつながった。買い一巡後は前日終値付近まで戻す場面があり、過度な景気懸念がひとまず後退した。

取引開始後に発表された6月の製造業受注が前月比1.5%増え、市場予想(1.0%増)を上回ったことも景気敏感株への買いを後押しした。建機のキャタピラーと工業製品・事務用品のスリーエムが2%近く上昇して終えた。航空機のボーイングと化学のダウも高い。長期金利の下げ止まりを好感して、金融のJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスも買われた。

前週に2021年4~6月期決算を発表した後はさえない展開だった主力ハイテク株に押し目買いが入ったことも相場を支えた。スマートフォンのアップルは1%強上昇し、ソフトウエアのマイクロソフトも上げた。

ただ、デルタ型の感染拡大への警戒感はくすぶっている。旅行・レジャー関連や消費関連株の一角には売りが出て、相場の重荷となった。映画・娯楽のウォルト・ディズニーやクレジットカードのビザが安い。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、前日比80.226ポイント(0.5%)高の1万4761.295で終えた。ネット通販のアマゾン・ドット・コムや検索サイトのアルファベットが上昇した。四半期配当を開始すると2日夕に発表した半導体のマイクロン・テクノロジーは4%高だった。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は3営業日ぶりに反発し、前日比35.99ポイント(0.8%)高の4423.15と過去最高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン