/

NYダウ反落308ドル安 欧州のコロナ感染拡大に懸念

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【NQNニューヨーク=古江敦子】23日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比308ドル05セント(0.9%)安の3万2423ドル15セントで終えた。欧州で新型コロナウイルスの感染が再拡大し、世界経済の正常化が遅れると懸念された。資本財や金融など景気敏感株が売られ、最近上昇が続いていた旅行・レジャー関連株も大幅に下げた。

感染力の強い変異ウイルスが広がり、ドイツが23日に現行のロックダウン(都市封鎖)を延長し、4月の復活祭には一段と厳格化すると発表した。フランスやイタリアは前週に行動規制を強化している。英製薬のアストラゼネカが米国で実施したワクチンの臨床試験について米国立アレルギー感染症研究所が23日、「データが不完全な可能性がある」と指摘した。市場のワクチン普及期待に水を差し、心理面の重荷となった。

米国でも1日当たりの新規感染者数がやや増えている。市場では「米景気回復への過度な期待が後退し、上昇が続いた景気敏感株に持ち高調整の売りが出た」(スウォーズモア・グループのカート・ブランナー氏)との指摘があった。

景気敏感株が売られ、化学のダウや航空機のボーイング、建機のキャタピラーが4%下落した。米長期金利の低下を嫌気して、金融のゴールドマン・サックスも安い。コロナ禍が業績を直撃する旅行・レジャー関連株が売られ、映画・娯楽のウォルト・ディズニーは2%安。ダウ平均の構成銘柄以外では空運のアメリカン航空グループとユナイテッド航空ホールディングスが7%安。カーニバルが8%安となるなどクルーズ船株も軒並み大幅安だった。

一方、コロナ禍が業績の逆風になりにくいハイテク株の一角が買われ、ソフトウエアのマイクロソフトが高い。ダウ平均の構成銘柄以外では、在宅勤務や巣ごもり消費の拡大の恩恵を受ける銘柄に資金が向かい、ネット通販のアマゾン・ドット・コム、動画配信のネットフリックスの上げが目立った。飲料や日用品、公益事業などディフェンシブ株も高い。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落し、前日比149.845ポイント(1.1%)安の1万3227.697で終えた。マイクロン・テクノロジーが6%安となるなど、半導体銘柄が下げを主導した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン