/

NYダウ反発254ドル高 金融株や消費関連株に買い

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【NQNニューヨーク=戸部実華】22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比254ドル47セント(0.7%)高の3万4807ドル46セントで終えた。利上げ加速の観測から米長期金利が上昇し、金融株の追い風になった。前日夕に市場予想を上回る決算を発表したスポーツ用品のナイキが買われ、他の消費関連銘柄にも買いが波及した。

長期金利は一時前日比0.10%高い2.39%と、2019年5月以来の高水準を付けた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が前日、通常の倍の0.5%の利上げの可能性を示唆し、インフレ抑制へ金融引き締めを積極的に進めるとの見方が強まった。金利が上昇すれば利ざや改善が見込める金融株が買われ、JPモルガン・チェースは2%高で終えた。

決算で売上高や1株利益が市場予想を上回ったナイキは2%上げた。ナイキの決算を受け「高インフレが続く環境でも個人消費は堅調」(ボケ・キャピタル・パートナーズのキム・フォレスト氏)との見方が出た。クレジットカードのアメリカン・エキスプレスや映画・娯楽のウォルト・ディズニーなど、他の消費関連株も買われた。

小型機「737MAX」の増産が好感された航空機のボーイングは3%高で終えた。長期金利上昇でも高PER(株価収益率)銘柄への買いは衰えず、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムやスマートフォンのアップルが高い。

半面、米原油先物相場が反落し、石油のシェブロンが安い。資源相場に連動しやすい建機のキャタピラーも下げた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数も反発し、前日比270.357ポイント(2.0%)高の1万4108.817で終えた。検索サイトのアルファベットやネット通販のアマゾン・ドット・コムが高い。電気自動車のテスラは8%高となった。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン