/

NYダウ反発、131ドル高 雇用関連指標が改善

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【NQNニューヨーク=古江敦子】2日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発し、前日比131ドル29セント(0.4%)高の3万5443ドル82セントで終えた。朝方発表の雇用関連指標が市場予想以上に改善を示し、景気の回復鈍化への懸念が後退した。足元で下げていた資本財や石油など景気敏感株が買い直され、指数を押し上げた。

週間の新規失業保険申請件数は前週比1万4000件減の34万件と市場予想(34万5000件)より少なかった。2週ぶりの減少で、新型コロナウイルスの感染拡大が本格化した昨年3月以降の最低を更新した。前日発表の8月のADP全米雇用リポートで雇用者数の増加幅は市場予想を大幅に下回っていただけに、投資家心理が改善した。

米原油先物相場が上昇し、石油のシェブロンが高い。建機のキャタピラーや航空機のボーイングも買われた。前日に下げたドラッグストアのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスや製薬のアムジェンの上げも目立った。

もっとも、3日発表の8月の米雇用統計を前に様子見ムードが広がり、上昇の勢いは限られた。市場では21~22日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での「テーパリング(量的緩和の縮小)開始決定の有無を占ううえで、足元の雇用情勢を見極める必要がある」(ナショナル・セキュリティーズのアート・ホーガン氏)との声が聞かれた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、前日比21.796ポイント(0.1%)高の1万5331.177と連日で過去最高値を付けた。動画配信のネットフリックスが上場来高値を更新したほか、スマートフォンのアップルが上げるなど主力株の一角が上昇した。

多くの機関投資家が運用の参考にするS&P500種株価指数は続伸し、前日比12.86ポイント(0.3%)高の4536.95と過去最高値を付けた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン