/

NYダウ小幅続伸25ドル高 高値警戒感で上値重く

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】2日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に5日続伸し、前日比25ドル07セント(0.1%)高の3万4600ドル38セントで終えた。米経済活動の正常化への期待が強く、消費関連や石油株が買われた。ただ、ダウ平均は5月上旬に付けた過去最高値に接近し、高値警戒感から売りも出やすく上値は重かった。

米国では新型コロナウイルスのワクチン接種が広がり、夏にかけて経済活動の正常化が進むとみられている。5月のカード利用の拡大基調を公表したクレジットカードのビザが買われた。米原油先物相場が上昇し、石油のシェブロンも高い。金融のゴールドマン・サックスや航空機のボーイングも上げた。

株式市場では景気への楽観論が強い半面、債券市場では前日に売られた長期債が買い直された。長期金利が一時1.5%台に低下し、高PER(株価収益率)のハイテク株や利回り狙いの投資家が多いディフェンシブ株の一角が買われ、ダウ平均を支えた。

一方、景気敏感株の中でもこのところ株価上昇が目立っていた銘柄は短期的な利益確定売りに押された。化学のダウは2%安となり、機械のハネウェル・インターナショナルも下げた。

米連邦準備理事会(FRB)が2日に公表した米地区連銀経済報告(ベージュブック)は「物価上昇圧力が前回の報告から強まった」と指摘した。4日には5月の米雇用統計の発表を控える。市場は雇用者数の大幅な伸びや失業率低下を予想しており、内容次第では量的緩和の縮小につながるとの見方もある。雇用統計を見極めたい投資家が多く、相場の動きは限られた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は小反発し、前日比19.849ポイント(0.1%)高の1万3756.327で終えた。スマートフォンのアップルや画像処理半導体のエヌビディアが買われた。一方、一部自動車のリコール(回収・無償修理)が明らかになった電気自動車のテスラは3%安で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン