/

NYダウ反発641ドル高 自律反発を見込んだ買い

(更新)

【NQNニューヨーク=横内理恵】21日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前営業日の17日に比べて641ドル47セント(2.1%)高の3万0530ドル25セントで終えた。終値で3万ドル台を回復したのは15日以来。米株式相場が前週末にかけ大幅に下落し、短期的な自律反発を見込んだ買いが優勢だった。このところ下げのきつかったハイテクや消費関連株を中心に幅広い銘柄に買いが入った。

ダウ平均は前週に週間で4.8%安と今年最大の下落率となり、前週までの2週間で3000ドルあまり下げていた。機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は6月に入り17日までに11%下落。複数のテクニカル指標は相場が「売られすぎ」と示唆しており、短期的な戻りを見込んだ買いが入った。暗号資産(仮想通貨)のビットコインが18日に節目の2万ドルを割り込んで急落した後、再び2万1000ドル近辺に値を戻しているのも投資家心理を支えた。

午後に買いの勢いが強まり、ダウ平均は上げ幅を765ドルまで広げる場面があった。金融引き締めや米景気悪化への懸念は根強い一方、「急激な下げが続いた後で短期的には相場が上昇に転じるとの見方が強まっていた」(キングスビュー・インベストメント・マネジメントのポール・ノールト氏)との声があった。

米原油先物相場の反発を受け、石油のシェブロンが大幅に上昇した。スマートフォンのアップルや顧客情報管理のセールスフォースなどハイテク株の上昇も目立った。クレジットカードのビザなど消費関連の一角も高い。医療保険のユナイテッドヘルス・グループや医薬品のメルクなどディフェンシブ株も買われた。米長期金利の上昇を受けてJPモルガン・チェースなど金融も高い。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、前営業日と比べて270.952ポイント(2.5%)高の1万1069.302で終えた。電気自動車のテスラが9%高で終えた。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が同日、米メディアのインタビューで人員削減の方針を示したのに加え、テスラ車の需要の強さを指摘したことが好感された。ネット検索のアルファベットも4%上げた。動画配信のネットフリックスと傘下のグーグルの間で広告提携についての協議が進んでいると伝わり、好感する買いが入った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン