/

NYダウ反発、139ドル高 雇用回復で消費関連株に買い

(更新)

【NQNニューヨーク=川内資子】1日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに反発し、前日比139ドル92セント(0.4%)高の3万4818ドル27セントで終えた。朝方発表の3月の米雇用統計が労働市場の回復を示し、消費関連株の一角に買いが優勢となった。新たな四半期に入り新規資金が流入しやすいとの見方から、取引終了にかけ買いが強まる展開だった。

雇用統計では景気動向を映す非農業部門の雇用者数は前月比43万1000人増と市場予想(49万人増程度)を下回ったが、過去2カ月分は大きく上方修正された。労働参加率が上昇するなか、失業率は2月の3.8%から3.6%に低下し、市場予想(3.7%)も下回った。平均時給は前年同月比で市場予想以上に増えた。労働市場の引き締まりを示したと受け止められた。

堅調な雇用が消費を支えるとの見方から消費関連株が買われ、クレジットカードのビザが2%上昇。小売りのウォルマートやホームセンターのホーム・デポも上げた。製薬のメルクや日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)などディフェンシブ株の一角も買われた。取引終了にかけて上げ幅を広げる銘柄もあり、「新たな四半期を迎えて、株式市場に投資資金が流入するとの期待は強い」(ナショナル・セキュリティーズのアート・ホーガン氏)との声があった。

ダウ平均は下落する場面があった。半導体株全般が軟調に推移し、インテルは3%下落した。アナリストが注目銘柄リストから外したスマートフォンのアップルは小安い。前日に業績の先行き不透明感から大きく下げたドラッグストアのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスは引き続き売りが優勢だった。1日の米債券市場では米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締め観測の高まりを背景に2年債が10年債利回りを上回る「逆イールド(長短金利の逆転)」の状態となった。利ざや縮小の観測からJPモルガン・チェースなど金融株も売られた。

ナスダック総合株価指数も3日ぶりに反発し、前日比40.981ポイント(0.3%)高の1万4261.500で終えた。交流サイトのメタプラットフォームズ(旧フェイスブック)やネット検索のアルファベットが上昇した。一方、クアルコムやエヌビディアなど半導体は総じて安い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン