/

NYダウ連日の最高値 220ドル高、インフレ懸念和らぐ

(更新)

【NQNニューヨーク=岩本貴子】11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸した。前日比220ドル30セント(0.6%)高の3万5484ドル97セントで終え、連日で過去最高値を更新した。11日朝発表の7月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、過度なインフレ懸念が和らいだ。米連邦準備理事会(FRB)が早期にテーパリング(量的緩和の縮小)に動くとの見方が後退し、株の買い安心感が広がった。

CPIで食品とエネルギーを除くコア指数は前年同月比4.3%上昇と、市場予想(4.4%上昇)を下回った。前月比は0.3%上昇と6月(0.9%上昇)から大きく低下し、市場予想(0.4%上昇)も下回った。これを受け、米長期金利は一時前日比0.05%低い1.30%を付けた。

10日には超党派で1兆ドルのインフラ投資法案が議会上院で可決された。道路や電力網、高速インターネット設備への投資が進むと受け止められ、10日に続き資本財や素材株が買われた。建機のキャタピラーは4%高。化学のダウも2%高だった。2度の墜落事故を起こした主力小型機「737MAX」について、中国で試験飛行を実施したと伝わった航空機のボーイングも高い。

「投資家は成長株から割安株に資金を移し始めている」(ミラー・タバックのマシュー・マリー氏)という。ゴールドマン・サックスなど金融株も高い。ホーム・デポなど小売株も堅調だった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は小幅に続落した。前日比22.952ポイント(0.2%)安の1万4765.135で終えた。主力ハイテク株はまちまち。スマートフォンのアップルは小幅高。ネット通販のアマゾン・ドット・コムや交流サイトのフェイスブックは下げた。バイオ製薬のモデルナとビデオ会議のズーム・ビデオ・コミュニケーションズの下げも目立った。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は続伸した。前日比10.95ポイント(0.3%)高の4447.70で終えた。ダウ平均と同様に連日で過去最高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン