/

NYダウ反発、316ドル高 ワクチン普及に期待

(更新)

【NQNニューヨーク=張間正義】21日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前日比316ドル01セント(0.9%)高の3万4137ドル31セントで終えた。新型コロナウイルスのワクチン普及への期待から景気敏感株中心に買いが優勢だった。IBMなど好決算を発表した銘柄への買いが強まり、ダウ平均は取引終了にかけ上げ幅を広げた。

米疾病対策センター(CDC)によると、米国のワクチン接種回数は2億回を超えた。バイデン米大統領は21日、企業に対し従業員がワクチン接種できるよう有給休暇を積極的に付与するように促すなど、一段の普及を目指す姿勢を示した。

経済活動の正常化期待から工業製品・事務用品のスリーエム(3M)や建機のキャタピラーなど景気敏感株に買いが入った。クレジットカードのアメリカン・エキスプレスとビザも上昇した。前日まで下落が目立ったスポーツ用品のナイキは2%強上昇した。ダウ平均の構成銘柄以外ではクルーズ船のノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングスやユナイテッド航空ホールディングスなど旅行・レジャー関連株が買い直された。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反発し、前日比163.950ポイント(1.2%)高の1万3950.218で終えた。オランダの半導体製造装置ASMLホールディングの好決算を受け、同業のアプライドマテリアルズやラムリサーチなどが買われた。一方、1~3月期の世界の新規契約者数が市場予想を下回った動画配信のネットフリックスは7%安で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン