/

NYダウ小反落6ドル安、S&P500種は最高値更新

(更新)

【NQNニューヨーク=張間正義】21日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に3日ぶりに反落し、前日比6ドル26セント安の3万5603ドル08セントで終えた。前日夕に発表した決算が嫌気されてIT(情報技術)のIBMが急落し、ダウ平均の重荷になった。ただ、堅調な米景気指標を支えに買いも入り、相場の下値は堅かった。

IBMは2021年7~9月期決算で売上高が市場予想に届かず、前日比10%下落した。1銘柄でダウ平均を90ドル近く押し下げた。

ただ、ダウ平均の下値は堅かった。朝方発表の週間の新規失業保険申請件数は29万件と前週から6000件減り、20年3月に新型コロナウイルスの感染が本格的に拡大して以降の最低を更新した。米景気回復が続いているとの見方が強まった。

米債券市場で長期金利は一時1.68%と5月以来の水準に上昇したが、株式相場の反応は限られた。米原油先物相場は下落した。原油高がインフレ懸念を招いていただけに、投資家心理の改善につながった面もあった。

雇用回復の期待からスポーツ用品のナイキやホームセンターのホーム・デポなど消費関連株が上昇した。スマートフォンのアップルとソフトウエアのマイクロソフトも買われた。一方、建機のキャタピラーや化学のダウなど景気敏感株の一角には売りが出た。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は反発し、前日比94.022ポイント(0.6%)高の1万5215.700で終えた。前日夕に発表した決算で売上高や純利益が四半期として過去最高となった電気自動車のテスラが上昇した。半導体のエヌビディアと動画配信のネットフリックスも上昇が目立った。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は7日続伸した。前日比13.59ポイント(0.3%)高の4549.78で終え、9月2日以来となる過去最高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン