/

NYダウ反落55ドル安 景気敏感株に売り

(更新)

【NQNニューヨーク=岩本貴子】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に反落した。前週末比55ドル96セント(0.2%)安の3万5399ドル84セントで終えた。景気敏感株の一角に目先の利益を確定する目的の売りが優勢だった。米長期金利の低下を受けて金融株が売られた一方、高PER(株価収益率)のハイテク株は上昇し、指数を下支えした。

債券市場では、長期金利が前週末比0.04%低い(価格は高い)1.27%まで低下する場面があった。利ざや悪化の警戒からJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスなど金融株の下げが目立った。航空機のボーイングや化学のダウなど景気敏感株の一角も下げた。

フィンテックのアファーム・ホールディングスは27日、ネット通販大手のアマゾン・ドット・コムとアマゾンの顧客向けに後払いサービスの提供で提携すると発表した。アマゾン株は2%高となる一方、競争激化への懸念からクレジットカードのアメリカン・エキスプレス(アメックス)とビザは売られた。

ダウ平均は上昇する場面もあった。長期金利の低下を受けてハイテク株には買いが優勢だった。スマートフォンのアップルは3%高となり上場来高値を更新。ソフトウエアのマイクロソフトも上昇した。業績が景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ株も買われた。バイオ製薬のアムジェンや医薬・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が上げ、指数を支えた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸した。前週末比136.389ポイント(0.9%)高の1万5265.890と、連日で過去最高値を更新した。交流サイトのフェイスブックや電気自動車のテスラが上昇した。株式取引サービスへの参入観測報道があった決済サービスのペイパル・ホールディングスも高い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン