/

NYダウ反落、104ドル安 高値警戒や長期金利上昇で

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反落し、前日比104ドル41セント(0.3%)安の3万3066ドル96セントで終えた。前日まで連日で過去最高値を更新しており、高値警戒感から目先の利益を確定する売りが優勢だった。米長期金利が一時、1年2カ月ぶりの水準に上昇し、割高感が警戒されやすい高PER(株価収益率)の主力ハイテク株が売られた。

バイデン米大統領は31日にインフラ投資を中心とした新たな経済対策を発表する見通し。米景気の回復ペースが速まるとの見方がある一方、国債増発への警戒感から米長期金利が朝方に一時1.77%と昨年1月以来の高水準を付けた。ソフトウエアのマイクロソフトやスマートフォンのアップルが1%強下げた。ダウ平均の構成銘柄以外ではネット通販のアマゾン・ドット・コムやSNS(交流サイト)のフェイスブックが下落した。

相場は底堅く推移する場面もあった。米調査会社コンファレンス・ボードが午前に発表した3月の消費者信頼感指数は前月比19.3ポイント上昇の109.7と、市場予想(96.8程度)を大幅に上回った。新型コロナウイルスの感染が広がり始めた昨年3月以来1年ぶりの水準まで回復した。

ワクチン普及に伴う景気回復期待が広がり、建機のキャタピラーや化学のダウなど景気敏感株の一角が上昇。長期金利の上昇で利ざや拡大への期待からゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなど金融株が買われた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は続落し、前日比14.253ポイント(0.1%)安の1万3045.394で終えた。アマゾン・ドット・コムによる半導体の内製化の報道をきっかけにブロードコムが3%安となるなど半導体関連株の下げが目立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン