/

NYダウ続落550ドル安 消費関連株などに利益確定売り

(更新)

【NQNニューヨーク=川上純平】3月31日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日比550ドル46セント(1.6%)安の3万4678ドル35セントで終えた。3月後半以降の急ピッチな上昇を受け、月末と四半期末が重なったこの日は、幅広い銘柄に利益確定の売りが出た。足元で相場上昇をけん引していた消費関連やハイテク株の下げが目立ち、ダウ平均は取引終了にかけ下げ幅を広げる展開だった。

中国の上海市は4月1日から西部を対象に都市封鎖(ロックダウン)を実施する。都市封鎖に伴う中国の景気減速が世界経済に悪影響を及ぼすとの見方が強まった。中国関連株と位置付けられる航空機のボーイングや工業製品・事務用品のスリーエムが売られた。

ウクライナ情勢も引き続き投資家心理の重荷となった。ウクライナとロシアは1日に停戦協議をオンラインで再開する見通しとされるが、ロシアは軍事的な圧力を緩めていないもよう。ウクライナ問題の長期化観測が強まった。

ドラッグストアのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスが6%下落した。朝方発表の四半期決算は売上高などが市場予想を上回ったものの、先行きの業績に対する不透明感から売りが優勢となった。ホームセンターのホーム・デポやスポーツ用品のナイキ、映画・娯楽のウォルト・ディズニーの下げが目立った。ソフトウエアのマイクロソフトとスマートフォンのアップルも安い。

石油のシェブロンは2%下げた。バイデン米政権が31日、今後6カ月間にわたって戦略石油備蓄を1日当たり平均100万バレル放出すると明らかにした。需給逼迫が和らぐとの見方から米原油先物相場は前日比7%下げた。

3月のダウ平均は785ドル(2.3%)高となった。月間で上昇するのは2021年12月以来、3カ月ぶり。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続落した。前日比221.756ポイント(1.5%)安の1万4220.519で終えた。アナリストが投資判断を引き下げた半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)が8%安と大幅に下げた。ネット通販のアマゾン・ドット・コムにも売りが出た。

3月のナスダック指数は3.4%高だった。月間で上昇するのは3カ月ぶり。ただ、四半期(1~3月期)では9.1%下落した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン