/

NYダウ続落、39ドル安 消費者心理の悪化で

(更新)

【NQNニューヨーク=横内理恵】8月31日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日比39ドル11セント(0.1%)安の3万5360ドル73セントで終えた。8月の米消費者信頼感指数が市場予想を下回り、米個人消費の伸び鈍化が懸念された。月末とあって、利益確定売りも出やすかった。一方、緩和的な金融環境が当面続くとの見方が投資家心理を支え、ダウ平均の下げ幅は限られた。

8月の米消費者信頼感指数が113.8と前月(125.1)から大きく低下し、市場予想(123.1)も下回った。新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の感染拡大や物価上昇が響いた。8月の米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)も市場予想を下回り、デルタ型の拡大と供給網の混乱の長期化が米景気の回復鈍化につながる可能性が意識された。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は前日まで連日で過去最高値を更新し、月間では7カ月連続の上昇となった。ダウ平均も最高値圏で推移している。月末に加え、9月3日に発表予定の8月の米雇用統計を控え利益確定や持ち高調整の売りも出やすかった。

ダウ平均ではスポーツ用品のナイキや化学のダウが下げた。原油相場の下落を受け、石油のシェブロンも安い。足元で買いが目立っていたスマートフォンのアップルなど主力ハイテク株の一角も下げた。

ダウ平均は上昇する場面もあった。企業業績の回復基調や低金利環境を背景に米国株への資金流入が続くとの見方は根強い。ドラッグストアのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスが4%高となるなど、ディフェンシブ株などに買いが入った。8月に入って下落が目立っていたクレジットカードのアメリカン・エキスプレス(アメックス)と航空機のボーイングも上げた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落し、前日比6.655ポイント安の1万5259.235で終えた。8月30日夕に決算と併せて公表した業績見通しが市場予想に届かなかったビデオ会議システムのズーム・ビデオ・コミュニケーションズが急落した。エヌビディアなど半導体関連も安い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン