/

NYダウ続伸305ドル高 ハイテクや消費関連が堅調

(更新)

【NQNニューヨーク=川内資子】9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比305ドル28セント(0.9%)高の3万5768ドル06セントで終えた。米長期金利の低下を受けてハイテク株が買い直された。米国の新型コロナウイルスの感染者数の減少を背景に消費関連株も買われた。

米長期金利は9日に一時1.9%台前半と前日に付けた2019年1月以来の高水準(1.97%)から低下した。米金融引き締めへの警戒感は根強いが、金利上昇を相場はある程度織り込んだとの見方も増えている。金利上昇が売り要因になっていた高PER(株価収益率)のハイテク株が買い直された。ソフトウエアのマイクロソフトと顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムはともに2%上昇した。

米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、9日時点での米国での新型コロナの新規感染者数は7日移動平均で約23万人と1月中旬のピークの3分の1以下に減った。ニューヨーク州など屋内のマスク着用義務を撤廃する動きも広がり、消費活発化への期待が強まっている。消費関連株が買われ、映画・娯楽のウォルト・ディズニーは3%上昇し、スポーツ用品のナイキも上げた。ダウ平均の構成銘柄以外では空運やクルーズ船など旅行・レジャー株の上げも目立った。

ダウ平均は昼前に一時361ドル高まで上げた後はやや伸び悩んだ。物価や金融政策を占ううえで、10日発表の1月の米消費者物価指数(CPI)を見極めたい投資家が多く、買いの手がやや弱まる場面があった。

ナスダック総合株価指数は続伸し、前日比295.918ポイント(2.1%)高の1万4490.373で終えた。交流サイトのメタプラットフォームズ(旧フェイスブック)が5営業日ぶりに反発し、5%高で終えた。アナリストが決算期待から「買い」の投資判断を維持した画像処理半導体のエヌビディアは6%上げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン