/

NYダウ小反発、9ドル高 指標改善で消費関連株が上昇

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】29日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小反発し、前日比9ドル02セント高の3万4292ドル29セントで終えた。米景気回復を示す経済指標の発表を受け、消費関連株が買われた。米長期金利が心理的節目の1.5%を下回って推移し、高PER(株価収益率)銘柄のハイテク株の一角も上昇した。ただ、ダウ平均は過去最高値圏にあり、利益確定の売りも出て上値は重かった。

29日発表の6月の米消費者信頼感指数は前月比7.3ポイント高い127.3と、低下だった市場予想(118.7程度)に反して改善した。4月のS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数では、主要20都市の前年同月比の伸び率が市場予想を上回った。スポーツ用品のナイキが2%上げたほか、ホームセンターのホーム・デポやクレジットカードのビザにも買いが集まった。

米長期金利は29日も1.48%近辺と前日と同水準で推移した。金利上昇の局面で売られやすいハイテク株が買われ、ソフトウエアのマイクロソフトは上場来高値を更新した。スマートフォンのアップルや顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムも上げた。

一方、航空機のボーイングや映画・娯楽大手のウォルト・ディズニーなど景気敏感株の一角が売られ、ダウ平均は下げに転じる場面もあった。市場では「新型コロナウイルスで感染力の強いインド型(デルタ株)が英国やアジアで広がり、景気敏感株に持ち高調整の売りを誘った」(キングスビュー・インベストメント・マネジメントのポール・ノールト氏)との指摘があった。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続伸した。前日比27.827ポイント(0.2%)高い1万4528.335と連日で過去最高値を更新した。半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)やクアルコムなどの上げが目立った。一方、データセンター向けの新型半導体の生産の遅れを明らかにしたインテルは下落した。

多くの機関投資家が運用指標にするS&P500種株価指数は4日続伸し、前日比1.19ポイント高の4291.80と連日で過去最高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン