/

NYダウ続落152ドル安 CPI発表控え持ち高調整も

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落し、前日比152ドル68セント(0.4%)安の3万4447ドル14セントで終えた。5月7日につけた過去最高値(3万4777ドル)が近づき、高値警戒感から売りが優勢だった。当面の金融政策を占う上で注目される5月の米消費者物価指数(CPI)の発表を10日に控え、取引終了にかけて持ち高調整の売りも出た。

足元で堅調だった景気敏感株が売りに押され、航空機のボーイングや建機のキャタピラー、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスが下げた。米長期金利が一時1.47%と1カ月ぶりの低水準を付け、利ざや縮小の観測からJPモルガン・チェースなど金融株が下げた。

インフレが加速する中で、CPIの結果を確認したい投資家が多い。市場では「予想より上振れすれば、米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和を早期に縮小するとの観測が盛り返す可能性がある」(CFRAのサム・ストーバル氏)との指摘が聞かれた。取引終了にかけ、相場は持ち高調整の売りに押された。

一方、長期金利の低下で高PER(株価収益率)のハイテク株の一角が買われ、相場を下支えした。ソフトウエアのマイクロソフトやスマートフォンのアップルが小幅に上昇した。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反落し、前日比13.161ポイント(0.1%)安の1万3911.750で終えた。朝方に1カ月ぶりに1万4000台に乗せたが、取引終了直前に下げに転じた。交流サイトのフェイスブックや電気自動車のテスラが下落。半導体株にも売りが目立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン