/

NYダウ反落123ドル安 景気敏感株に利益確定売り

(更新)

【NQNニューヨーク=横内理恵】19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反落し、前週末比123ドル04セント(0.4%)安の3万4077ドル63セントで終えた。ダウ平均は前週に連日で過去最高値を更新しており、最近上昇が目立っていた消費関連など景気敏感株が売られた。米長期金利が上昇し、高PER(株価収益率)のハイテク株の一角も下げた。

景気敏感株では航空機のボーイングやクレジットカードのアメリカン・エキスプレスなどの下げが目立った。スポーツ用品のナイキやディスカウントストアのウォルマートも安い。インテルなど半導体関連株も総じて売られた。

19日は米長期金利が1.6%台まで上がる場面があり、金利上昇で割高感が意識されやすいハイテク株の重荷となった。ソフトウエアのマイクロソフトは朝方に上場来高値を付けたが、その後は売りに押された。

ダウ平均の構成銘柄以外では、ネット通販のアマゾン・ドット・コムや交流サイトのフェイスブックの下げも目立った。自動運転中の車両の死亡事故が伝わった電気自動車(EV)のテスラは3%あまり下げた。

前週末に暗号資産(仮想通貨)のビットコインが急落したことも投資家心理を冷やした。ビットコインは18日に一時5万2000ドル台と、14日に付けた過去最高値の6万4000ドル台から1万ドル以上下げた。19日はやや戻し、5万ドル台半ばで推移した。ビットコイン相場の下落が続けば、投資家のリスク回避姿勢が強まると警戒された。

ダウ平均は一時220ドル下げたが、引けにかけて下げ渋った。前週から市場予想を上回る米経済指標の発表や主要企業決算が相次ぎ、景気や業績の改善が続くとの楽観が相場の支えとなった。19日発表の四半期決算で1株利益などが市場予想を上回った飲料のコカ・コーラが上げた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落し、前週末比137.577ポイント(1.0%)安の1万3914.765で終えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン