/

NYダウ反発198ドル高 好業績銘柄に買い集まる

(更新)

【NQNニューヨーク=川上純平】19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比198ドル70セント(0.6%)高の3万5457ドル31セントで終えた。2021年7~9月期の決算発表が本格化するなか、好業績銘柄を中心に買いが集まった。ダウ平均はほぼこの日の高値で終え、最高値(3万5625ドル)を付けた8月16日以来の水準に浮上した。

上昇が目立ったのが日用品・医薬品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)だ。19日に発表した21年7~9月期決算で1株利益が市場予想を上回り、好感された。保険のトラベラーズも予想を上回る決算発表を受けて買われた。米主要企業の好決算が相次ぎ、投資家心理の改善につながった。市場では「強気の姿勢が必要だ。10月は下げた局面では買いの好機になる」(ファンドストラット)との声が出た。

J&Jの決算を受けて、ヘルスケア株に買いが広がった。製薬のメルクは3%高、バイオ製薬のアムジェンは2%高で終えた。

一方、日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は決算発表で経営陣が想定を超える原材料費や輸送費の上昇に言及し、売りに押された。消費財や小売り株が売られ、スポーツ用品のナイキが安い。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は5日続伸した。前日比107.281ポイント(0.7%)高の1万5129.090で終え、約1カ月ぶりの高値を付けた。スマートフォンのアップルや半導体のクアルコムが上昇した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン