/

NYダウ反落54ドル安 インフレ警戒でハイテク株に売り

(更新)

【NQNニューヨーク=岩本貴子】17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前週末比54ドル34セント(0.2%)安の3万4327ドル79セントで終えた。インフレ懸念を背景に米長期金利の先高観が根強く、金利上昇局面で相対的に割高感が意識されやすい高PER(株価収益率)のハイテク株を中心に売りが優勢だった。

投資家心理を測る米株の変動性指数(VIX)が一時21台半ばまで上昇するなど市場の不安心理は高まっている。想定以上に物価が上昇し、米連邦準備理事会(FRB)が緩和的な金融政策の見直し時期を早める可能性が意識された。

ソフトウエアのマイクロソフトやスマートフォンのアップル、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムが売られた。映画・娯楽のウォルト・ディズニーやホームセンターのホーム・デポなど消費関連も下げた。ダウ平均の構成銘柄以外では、動画配信のネットフリックスも安い。

ダウ平均の下げ幅は一時205ドルに達したが、売り一巡後は下げ幅を縮めた。化学のダウや建機のキャタピラーなど景気敏感株の一角が買われ、相場を下支えした。原油先物相場の上昇で石油のシェブロンも高い。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落し、前週末比50.930ポイント(0.4%)安の1万3379.048で終えた。ビットコイン相場の下落を受けて、ビットコイン保有高が多い電気自動車のテスラが下げた。半導体製造装置のKLAなど半導体関連株の下げも目立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン