/

NYダウ続伸360ドル高 金利低下、ハイテク株に買い

(更新)

【NQNニューヨーク=川内資子】14日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比360ドル68セント(1.1%)高の3万4382ドル13セントで終えた。米長期金利が低下し、投資家心理が改善。前日に引き続き高PER(株価収益率)銘柄が多いハイテク株に押し目買いが優勢となった。経済活動の正常化期待の高まりから、景気敏感株の上昇も目立った。

米商務省が朝方に発表した4月の小売売上高は過去最高だった3月をわずかに上回った。伸び率では前月比横ばいと、米政府による現金給付で急増した3月(10.7%増)の反動で落ち込み、市場予想(0.8%増程度)も下回った。発表を受け米債券市場で長期金利が前日に続いて低下し、ハイテク株が買い直された。ソフトウエアのマイクロソフトとスマートフォンのアップルがともに2%上げた。顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムと半導体のインテルも上げが目立った。

経済活動の正常化が順調に進むとの期待から幅広い銘柄に買いが集まった。米疾病対策センター(CDC)は13日、新型コロナウイルスワクチンの接種を完了した人は原則、屋内・屋外ともにマスクをつけなくても良いとする指針を発表した。夏にかけ経済活動が活発化するとの期待が高まり、化学のダウや航空機のボーイング、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスなど景気敏感株が買われた。ダウ平均構成銘柄以外では、クルーズ船のカーニバルや空運のアメリカン航空グループなども大きく上昇した。

一方、前日夕に発表した2021年1~3月期決算で動画配信サービスの会員数の伸びが鈍化した映画・娯楽のウォルト・ディズニーは2.6%下げた。

ナスダック総合株価指数は続伸し、前日比304.990ポイント(2.3%)高の1万3429.978で終えた。検索サイトのアルファベットや交流サイトのフェイスブック、ネット通販のアマゾン・ドット・コムがともに上昇。電気自動車(EV)のテスラは3%超上げた。エヌビディアなど半導体株も軒並み買われた。

一方、ナスダック指数は週間では2.3%安と4週連続で下落した。4週続落は2019年7~8月以来、1年9カ月ぶり。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン