/

中国、米人権報告書に反発

【北京=共同】中国外務省の華春瑩報道局長は31日の記者会見で、中国当局による少数民族ウイグル族への「ジェノサイド(民族大量虐殺)」を非難した米国務省の人権報告書に対し「虚偽情報に基づいた世紀のうそだ」と強く反発した。

華氏は、国際法上のジェノサイドの定義は「特定の集団を全部または一部、消滅させるために加える暴行」だと指摘。新疆ウイグル自治区のウイグル族の人口は過去四十数年で550万人から1280万人に増加しており、「こんなジェノサイドを見た人がいるか」と反論した。

その上で、ジェノサイドの認定には厳格な法的手続きが必要であり「悪意を持った政治的なレッテル貼りには利用できない」と強調した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン