/

この記事は会員限定です

「ゲノムのファーウェイ」中国BGI、国際展開に米国の壁

[有料会員限定]

【広州=川上尚志】新型コロナウイルス関連事業で急成長した中国の遺伝子解析大手、華大基因(BGI)が次の一手を探っている。PCR検査の受託急増で2020年12月期の純利益は前の期の8倍近くに膨らみ、今後は30を超える国・地域に検査処理施設を「輸出」した実績を生かし、遺伝子ビジネスの国際展開を狙う。ただ米国では制裁に踏み切った中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)になぞらえ「ゲノムのファーウェイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1950文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン