/

この記事は会員限定です

中国・不動産、決算発表で混乱 延期相次ぐ

監査人辞任も続出、強まる格下げ圧力

[有料会員限定]

【上海=土居倫之】中国の不動産会社が決算発表を巡り混乱している。2021年の住宅販売額で3位だった融創中国控股や同5位で経営再建中の中国恒大集団など少なくとも10社以上が決算発表の延期を公表した。業績悪化で監査法人との協議が難航、新型コロナウイルス流行も追い打ちをかけた。情報開示の遅れで一段の格下げ圧力がかかる可能性がある。

「3月末までに財務諸表を完成できる見込みはない」。融創中国は28日、2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン