/

この記事は会員限定です

フィリピン「国民食」 ジョリビー、世界大手に挑む

欧米中心に450店を新規出店へ

[有料会員限定]

【マニラ=志賀優一、ロンドン=佐竹実】フィリピンの外食大手ジョリビー・フーズが新型コロナウイルス禍に海外出店を急ぐ。2021年は欧米などを中心に前年比3割増の450店を新規出店する。25年ごろには海外売上高の比率を50%まで高める計画だ。フィリピンでは「国民食」と評されるほど圧倒的なシェアを誇るが、海の向こうには米マクドナルドなどファストフードチェーンの巨人が待ち構える。

「今後、我が社の売り上げ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1751文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン