/

この記事は会員限定です

中国広東の原発を運転停止、破損燃料棒を交換

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国国有原子力大手、中国広核集団(CGN)は30日、広東省台山市にある台山原子力発電所の1号機の運転を一時的に停止したと発表した。CGNが6月に燃料棒の破損があったと明らかにした原発で、燃料棒を交換し、破損の原因を調査するとしている。

台山原発はCGNが過半、仏電力公社(EDF)が3割出資する合弁会社が運営する原発で、2018年から欧州加圧水型原子炉(EPR)を世界に先行して運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン