/

韓国大統領、秘書室長に兪元科技相を任命

文在寅大統領は大統領府幹部を刷新し国政の立て直しを急ぐ=韓国大統領府提供

【ソウル=細川幸太郎】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は31日、政権の要となる大統領秘書室長に元科学技術情報通信相の兪英民(ユ・ヨンミン)氏を任命した。約2年間秘書室長を務めた盧英敏(ノ・ヨンミン)氏が30日に辞意を表明したため後任を決めた。要職交代で検察との対立などで混乱する国政の立て直しを急ぐ。

兪氏はソフトウエア技術者としてLG電子に入社し約25年間在籍。鉄鋼大手ポスコ幹部なども歴任し、文政権発足時に科技相となった。産業界出身者を秘書室長に登用するのは珍しいという。

また検察などの法務行政全般に影響力を持つ民情首席秘書官には、検事出身の申炫秀(シン・ヒョンス)氏を任命した。

一方で30日に盧氏らとともに辞意を表明した金商祚(キム・サンジョ)政策室長は留任となった。大統領関係者によると、文氏が「災害支援金給付や感染対策など懸案が多く、政策室長を交代する時ではない」として交代を認めなかったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン