/

北朝鮮、米韓ミサイル指針撤廃に反発

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は31日の論評で、韓国のミサイル開発を制限する「米韓ミサイル指針」の撤廃を巡り、米国を「意図的な敵対行為だ」と批判した。バイデン政権が検証を終えた対北朝鮮政策に関して「現実的アプローチなどという政策基調は権謀術数にすぎない」とけん制した。

対北朝鮮政策を協議した21日の米韓首脳会談の後、北朝鮮が反応するのは初めて。ただ当局の公式的な談話ではなく、批判のレベルは抑えている。

韓国はこれまで、米国との指針によって射程800キロメートルを超えるミサイルを造れなかった。指針の撤廃で、北朝鮮以外の周辺国にも届く中・長距離のミサイルを開発できるようになる。

朝鮮中央通信の論評は「我々の自衛的措置を国連決議違反だと追い詰めながら、追随者には無制限のミサイル開発を許した。破廉恥な二重基準だ」と米国を非難。「米国と南朝鮮(韓国)当局が侵略の野望を明らかにした以上、我々の国家防衛力強化に対して何も言えなくなった」と主張した。

論評は、米韓首脳会談後の記者会見で指針撤廃を喜んだ韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領にも「やらかしておきながら、周囲の反応に神経をとがらせる姿は実に腹立たしい」と批判の矛先を向けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン