/

この記事は会員限定です

フィリピン、TPP参加にらみ調査 自動車育成へ供給網

[有料会員限定]

【マニラ=志賀優一】フィリピンが将来の環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を視野に、調査を始めた。1億人前後の人口を抱える同国は雇用創出効果が大きな自動車産業などの育成を目指しており、そのためには多国間のサプライチェーン(供給網)が必要だと判断した。すでに東アジアの地域的な包括的経済連携(RCEP)に加わっており、より広域の枠組みへの参加を模索する。

ロペス貿易産業相の名義でTPPの寄託国ニュー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン