/

この記事は会員限定です

ミャンマー携帯通信、軍政下の苦悩 社名刷新や撤退検討

(更新) [有料会員限定]

【ヤンゴン=新田裕一】国軍がクーデターを起こしたミャンマーで、携帯通信各社が次の一手を探っている。ノルウェー大手が売却した事業会社は社名とブランドを刷新し、国軍の影響下で再始動。カタールのウーレドゥーは撤退を検討し始めた。規定通り2023年8月までに総選挙が行われても、通信事業への軍の影響は常態化する見通し。外資参入で急成長した各社は難しいかじ取りを迫られる。

旧テレノールが「アトム」に

ノル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン