/

この記事は会員限定です

中国車36社、一斉値下げ 政府は減税も需要先食い懸念

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国の官民が新車販売のテコ入れに乗り出した。中央政府が600億元(約1兆2000億円)に上る自動車取得税の減免措置を始め、大手メーカー36社も販売価格を引き下げるなど矢継ぎ早に策を講じる。業界団体が10日に発表した5月の新車販売台数は前年同月比で1割余り減った。「ゼロコロナ」政策で冷え込む販売の底上げを目指すが、値下げ頼みの販促策には危うさもつきまとう。

5月の販売、12%減

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1659文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン