/

中国、アリババなど3社に罰金 不当な価格操作で

中国当局はアリババ集団などネット通販大手への圧力を強めている=ロイター

【上海=松田直樹】中国の規制当局は30日、不当な価格操作を行い、価格法に違反したとして、アリババ集団や京東集団(JDドットコム)など3社に罰金50万元(約800万円)を科す決定を出した。当局は独占禁止法違反で24日にアリババへの調査を始めたばかりで、ネット通販大手への圧力を強めている。

独禁法などを管轄する国家市場監督管理総局の発表によると、アリババは傘下のネット通販「天猫(Tモール)」で、セール価格として27・9元で米を販売していたが、実際には前日に24・9元で販売していた商品を値上げしていた。京東、ネット大手の騰訊控股(テンセント)が出資する唯品会も同様の違反があったとしている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン